お金貸して!キャシングでもカードローンでもいいから

キャッシングは、少額の利用が多いみたいです

キャッシングというと、クレジットカードの機能としてついていることが多いです。そのため、クレジットカードを利用するような感覚で利用する人も多いと思われます。たとえば、給料日前にお金が足りないとか、急なイベントで出費があるとかいった時です。

 

こういった時に必要なお金というと、10万円とか20万円とかいった金額であることが多いです。しかし、このくらいの金額であっても、自分で用意できないという人も多いといえるのです。こうなると、キャッシングに頼らざるを得ないことになります。

 

このような出費に備えたいと思ったら、やはり、毎月コツコツとお金をためておくことが必要になるでしょう。そして、いざという時にも、自分のたくわえから用意できるようにしておくといいでしょう。この10万円とか20万円とかいったお金を用意できるかどうかで、キャッシングを利用するかどうかが決まるともいえます。そして、こういった少額の利用がきっかけで、多重債務に陥ってしまう人もいるのです。

お金は怖い、、。

私の友人夫婦は頻繁に旅行に言っていたので裕福なんだなぁ〜!と思っていたら、しばらくして離婚することになったようで、原因はお金でご主人が内緒でキャッシングをしていた事があったそうです、奥さんにも収入が多くない事ををあまり言えなかったのか、見栄を張っていたようです、実際は銀行からローンを組んだり複数からキャッシングしていたりしたようでそれを発見した時にはとても驚かれていました!最初は1つのローンだけだったのが、足りなくなったらまた借りればいい!という考えになってしまったようでどんどん額も増えていったそうです、でもきちんと仕事はされている人なので少しずつ返していって、前のように借り入れはもうしていないようなのですが、奥さんはついていけなくなってしまったようです、見栄を張らずに正直に言ってほしかったのかもしれないです。

 

お金はもちろん大事なのですがそれ以上に大事な物も沢山あるなぁ!と思いました。

カードローンの広告を見て思うこと

カードローンの広告というものは、よく目にします。そして、その融資限度金額にびっくりしてしまうことがあります。たとえば、500万円とか800万円とかかかれていることもあります。こうなると、住宅ローンやマイカーローン並みの融資金額だと思ってしまいます。

 

でも、正直言って、こんなにたくさんの金額を借りて、大丈夫かなあと思ってしまいます。カードローンというものは、住宅ローンやマイカーローンのように使用目的が限定されていないので、その分金利は高いと思われます。そんなことから、500万円とか800万円とかいった金額の融資を受ければ、その返済総額はとても大きなものとなってしまうと考えられるのです。

 

そして、カードローンの広告には、以前のサラ金のような後ろめたさは感じられません。どちらかというと、親しみやすいようなイメージで、利用を促しているのです。一見、いざという時に頼りになるようにも思われます。しかし、返済も大変なことになると思ったほうがいいでしょう。

知人とのお金の貸し借りの不安

現在、知人との間にお金の貸し借りがあります。お金の貸し借りといっても、かりる側ではなくて、貸す側に回っています。本当なら断りたいことですが、急に体調を崩して思いがけない出費となったことを頼られました。確かになるべくなら消費者金融やカードローンの借り入れ履歴を残したくない気持ちも理解できmす。

 

そこで決してゆとりのある暮らしをしているわけではありませんが、協力することにしました。人助けをすることは単なる資金面のことであっても気持ちのいいことです。しかしすぐに不安がよぎってきました。まとめて一度に返済できるわけなく、少しずつの返済に長期間付き合わされることになります。もちろん当初は本人も誠実に返済w試みています。しかし何年も先まで順調に返済してくれているかと考えると不安になってきます。

 

いつの間にか貸した方より借りた方がお金の返済を抱えているという負の実権を握って力関係が逆転しないかと余計な心配をしてしまいます。お金の貸し借りは人間関係をおかしくするといいますが、返済の順調な今でさえいらない妄想をしてしまいます。お金の貸し借りはなるべくなら避けた方がいいと経験的に感じます。

キャッシングの審査は落ちてもペナルティが無い

アコムなどのキャッシングサービスは利用者が十分な返済能力を持っている事を示さなければ使えません。お金を貸す業者は利息分を上乗せする事で利益を得ていますが、返済が滞れば利益を得るどころか回収を果たす事さえ出来ません。そしてお金を返さない顧客ばかりになれば、会社の運営も危うくなってしまうのです。リターンを確保出来る見込みを欲するのは当然の考えだと言えます。利用者の返済能力を確かめる工程は審査と呼ばれています。審査では利用者の年収やキャッシングの利用経験を確認され、クリアしない限りサービスの利用の許可が下りません。

 

お金を借りる前に審査を行うのは有名で、キャッシングサービスの利用を考えている人の中には尻込みしてしまう人もいます。所持金が足りないせいでキャッシングサービスを利用したいと考えているため、自分の社会的な信用に自信を抱いていないからです。しかし審査の成否において恐れる事は何もありません。仮に審査の突破が失敗してしまったとしても、ペナルティを課せられる事はないからです。理想的なキャッシングサービスの利用を申し込んで審査に引っかかったら、次に優れていると感じた業者に頼るべきだと言えます。この手順でキャッシングの業者を探すのは常套手段です。